カゴを見る

4/19更新【人気商品大量入荷】

カートの中身

カゴの中身は空です。

営業日カレンダー

6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ショップ休業日

【シューズのサイズについて】

シングレットのサイズこちらをご覧下さい。

シューズのご購入で最も気になるのがサイズです。特に初めての方は不安なものです。まずは下記を参考にしてください。不明な点はお気軽にご質問下さい。
ただし、なにぶん見えないところでのお答えですので、細かい足の形状への対応や個人的な履き心地などはどうしても限界がございます。その点はどうかご了承下さい。

各シューズの簡易説明

簡単にご説明いたしますが、メーカーによりかなり異なる面がございます。また同じメーカーでも種類によって違います。シニアとジュニアでも考え方が違います。各シューズの説明もお読みいただきながら、出来れば下記の通り実寸を測ってご連絡いただくことをお勧めします。
なお、シューズは足先が親指の爪1つ分程度空いていることが望ましいです(これを「捨て寸」といいます)。


■アシックス(シニア)

現在、アシックス(シニア用)の中に2種類のサイズがあります。同じセンチでも大きさが違うのです。種類としては以下の通りになります。
 
【Aタイプ】大体一般のセンチサイズと同じシューズ
・JBエリート
・スプリットセコンドワイド
・デイブシュルツクラシック
・EX-EO 
・レスリングSS
 
【Bタイプ】26.7cm以下のサイズが0.5cm大きめに表記されているシューズ
  =26.7cm以下は0.5cm上のサイズをお奨めするシューズ
・スプリットセコンド8.9、マットフレックス4、カール5など
Aタイプ以外のアシックスレスリングシューズ

なお、スプリットセコンドシリーズなど幅の狭いシューズは上記の条件よりもうワンサイズ上をご購入された方がよいです。

なお、アシックスサイズについて詳しくお知りになりたい方こちらのブログ記事をご参照下さい。

■アディダス(シニア)

縦寸はアシックスとあまり変わりありませんが、幅が狭めのシューズが多いので、基本的に通常より0.5センチ上のご購入をおすすめしております。例えば、通常26.5の方は27.0をお選びいただければよいかと思います。

■ナイキ
通常より1.0センチ上のご購入をおすすめしております。例えば、通常26.5の方は27.5をお選びいただければよいかと思います。これはナイキが小さいのではなく、センチへのサイズ換算が大幅にずれているために生じております。

■ジュニアシューズ

メーカーごとの違いが最も大きいのがジュニアシューズです。
非常に複雑ですが各メーカーについてご説明します。

・アディダスJr.
コンバットスピード3Jr
までは日本で販売されている標準サイズに近いですが、HVCジュニアなど2013年販売のモデルよりセンチへのサイズ換算を一部変えてきました。
20.5〜22.0cmまではこれまでより0.5センチ下のサイズをお求めになられた方がよいです。

・アシックスJr.
標準より大きめです。通常より0.5〜1.0センチ下のサイズをお奨めします。

・ナイキJr.
標準よりかなり小さめです。通常より1.0〜1.5cm上のサイズをお奨めします。
 


■実寸を測ってご質問下さい

簡単にご紹介しましたが、できれば下記に従い実寸をお測りの上、当店にお問い合わせ下さい。その際、「現在履かれているシューズとそのサイズ」「緩めやきつめの好み」も教えていただければ幸いです。
ちなみに実寸とシューズのサイズは異なることがほとんどです。例えば当店長の場合、縦実寸が25.7、甲外周が25.5ですが、アシックスは26.7〜27.0、アディダスは27.0、ナイキは27.5〜28.0をを履いています。一つの目安にしていただければと思います。
 

【足のサイズはどこをどう測るのか】
「縦」の長さと、「甲の外周」の2箇所を測ります
縦の長さは、左図のA−Bを測ります。人によって親指の方が長かったり、二番目の指の方が長かったりします。
次に甲の外周は、左右の一番出っ張っているところ(CとD)を視点に外周を測ります。定規やメジャーでは測っていただいて結構ですが、詳しくは下記をご参照下さい。


【測定方法】

測る時は別の人にやってもらって下さい。下に定規を置くか、ミリ目盛り付きの方眼紙でもよいかと思います。
まず足を置きます。かかとの位置をしっかり定め、指先は一番長い指の先までの長さを測ります。直角の硬い箱やビデオテープなどを使えば正確に測れます。
次に外周ですが、メジャーを使い甲部の左右出っ張ったところを通るように測ってください。この場合、ギュッと縛らず足にフィットさせる感じで巻いてください。

※測るときの注意事項
・両足を肩幅程度に開いてまっすぐ立ってください。
・体重は両足に均等にかかるようにしましょう。
・背筋を伸ばして目線は真正面を向いてください。
・測定は、ソックスを脱いで行うようにしてください。
・必ず両足を測り、左右が違う場合は、大きい方に合わせてください。
・足のボリュームが増す午後から夕方に測定するのがベストです。